スタッドレスタイヤ初心者が注意してほしいこと3点

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

寒くなり、雪が降りはじめましたね。
そろそろスタッドレスタイヤ買おうと考えている人、いるんじゃないでしょうか?

スタッドレスタイヤも正しく使わないと大きな事故に繋がります。
注意してほしいことがいくつかあるので紹介します。

タイヤは新品を買おう

スタッドレスタイヤが高い!
オマケにホイールがないからセットで購入すると10万!買えない!
なんてこと、結構ありますよね。

仕方ないからオークションなどで安く買おう・・・。
なんて考えが頭によぎると思います。

ちょっと待ってください。それは下手すれば事故に繋がります。
では、どうして事故に繋がるのでしょうか?

経年劣化

タイヤの溝は全然残っているから、大丈夫だろ!
と思って使う前にタイヤに書いてある「製造年」を見てください。

タイヤによっては側面に書いてありますが、書いてない場合もあります。
そんな時はホイールから外して裏面を見ると書いてあります。・・・たぶん。

製造年を侮るなかれ・・・。下手するとバーストする原因になります。
バーストの原因はタイヤ内にあるワイヤーです。
ワイヤーとタイヤはいわゆる糊で張り付いています。
その糊は年を重ねるにつれ粘着力が落ちていきます。
粘着力が落ちると、ワイヤーが独立しタイヤを裏側から攻撃します。
ヒビが入り、切れ目ができ、広がっていくと・・・

タイヤの使用年数はどれだけねばっても「3年」までにしましょう。

バーストとは?

タイヤが破裂することです。
タイヤが破裂するとクルマの制御ができなくなり、事故に繋がります。
最悪の場合、死亡事故にもなる恐れがあります。

バーストしたままで走っていると、ホイールだけでなく、クルマ全体にダメージを与えるため、最悪走行不能になります。

溝がない

写真では溝がありそうに見えて実はスリップサインがギリギリだったりします。
スリップサインはタイヤ交換の合図です。

まだ溝あるから・・・と使い続けていると、スリップやバーストの原因になります。
早めに買って早めに交換しておきましょう!

空気圧を確認

タイヤの空気圧も要チェックです。
圧が低いとバーストの原因になります。
適正値はドアの内側に書いてあるので確認しましょう。

流用する際はホイールもチェック

前のクルマで使っていたホイールとスタッドレスタイヤがあるから使いまわそう!
と思っている人も結構いると思います。
そんな時はタイヤもそうですが、ホイールもよく確認しましょう。

ホイールを確認する点をまとめました。
確認してみてくださいね。

インチサイズ

昔は軽自動車で今は普通車の人、それはホイールのインチサイズが違うとブレーキに干渉します。
ガリガリとホイール・ブレーキを削るとクルマがご愁傷様になってしまいます。
そのクルマの推奨サイズを確認してから装着しましょう。

ホイールの幅

ホイールの幅、いわゆる「7J」など書いてあるやつですね。
他にも、タイヤに「215/55 R17」など書いてある「215」の部分がタイヤの幅です。

ハブがあまりすぎる、または足りない。といった状態になり、装着できません。

これもクルマの推奨サイズがあるので、調べてから装着しましょう。

穴数

4穴とか5穴とか書いてあるやつです。1つのホイールに対するナットの数です。

4穴のクルマに5穴のホイールは装着できません、そりゃそうだ。
4穴→5穴変換スペーサなどもありますが、そこまでするくらいならホイールを買いましょう。
ホイールを買うほうがメリットがありますよ。

例:気に入ったデザインなのでタイヤをサマータイヤに変えて走行することができる。

PCD

なんじゃそりゃ、と思うかもしれません。
PCDとは、「Pitch Circle Diameter」の略で、日本語に直すと「ナット座ピッチ直径」です。
簡単に説明すると、ナットとナットの対角の直径、ナットの仮想円のことです。
いや、わかりにくいな・・・。

直径が違うともちろんホイールの穴にしっかり入ってくれません。
狭い円に広い円を入れようと思っても入りませんよね。
逆だとガバガバになってフィットしません。
ギリギリ入ったとしてもナットがホイールに干渉し、締めることが出来ないといった状態になります。

これもクルマによりけりなので「愛車名  PCD」などで調べてみてください。

オススメのスタッドレスタイヤは?

いろいろ注意点を紹介しました。

じゃあ買うけど、何がオススメなん?

自分は国産タイヤメーカーを推しています。
特にブリヂストンとダンロップですね。
ヨコハマタイヤやTOYOタイヤなどもあります。
が、あまりオススメしません。決して悪いタイヤではないのですが。
以前会社が安いという理由で使っていたのですが、タイヤが硬いせいか、普通に滑りました。

ブリヂストンとダンロップのタイヤを簡単に紹介します。

ブリヂストン ブリザック

「冬ならちゃんと買い」のキャッチフレーズや「綾瀬はるか」さんがモデルで有名なタイヤです。
「雪国装着率No.1」もよく目にすると思います。

性能は間違いありません。よく止まります。
少々お値段は上がりますが、ちょっとの値段で他よりも安心を買えると思うと、少しお得感がでませんか?

ウインターマックス

「福山雅治」さんがモデルで有名なタイヤです。

このタイヤは普段家族で乗っているクルマで使用しています。
といっても、めちゃくちゃ雪が降るという地域ではないので、保険で使っている感じです。
一度珍しく大雪になって多少積もった日がありましたが、ガツンとブレーキを踏んでも滑らずにしっかり止まってくれました。
おかげで今でも愛用しています。

おわりに

いかがでしたか?

通販でタイヤを購入する場合、忘れずに「製造年」を確認しましょう。
新品と書いてあっても売れ残りの2年前・・・なんてこともありえます。
安さの裏側には必ず理由がある。よく確認しましょう。

キチンと整備して、安全で安心のカーライフを!