スマートフォンのバッテリーが減る・・・原因と対策を紹介!

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

最近私のスマートフォンのバッテリーが異常に減っていきます・・・。
原因はなんだろうといろいろ調べてみたところ、意外なところにありました。
対策をしてみて少し変化したので紹介したいと思います。

バッテリーが減る要因

まず、なぜ減っていくのでしょう。
それは使用しているからです(当たり前だ)。

使用すると言っても様々な使い方があります。
減りが早くなる使い方はどういったやり方があるのでしょうか?

・アプリを毎回終了している
・画面の明るさを最大にしている
・Wi-FiやGPSが常時ONになっている

が主な原因です。

では、どうすればいいか、対策を紹介します。

アプリを毎回終了している

これが当てはまる人、多いのではないでしょうか?
自分も実際そうでした。

画面ではいっぱいアプリの表示がされていて、全部裏で動いているのでは?
と思いがちですが、それはほとんど動いておらず、スタンバイ状態です。
一部、動くアプリがあります。

・音楽再生
・GPSを使ったマップ
・音声通話

くらいです。

アプリは原則消さない。これで少しマシになります。
※ただし、アンドロインドは除く。

画面の明るさを最大にしている

外でスマートフォンを見ると、太陽の光で見えない時、結構ありますよね。
それの対策として画面の明るさを上げるとマシになります。

その状態でスマートフォンを使用し、屋内でも明るいまま使っていると気がついたらバッテリーが・・・!
なんてことになっています。

画面はできるだけ暗い状態で使用するとバッテリーの消費を抑えることができます。
今は外の明るさで自動で調整してくれる機能もついているので楽ですよ~。

Wi-FiやGPSが常時ONになっている

GPSを使ったマップを使用している時は全然いいのですが、
Wi-FiやGPSは常時検索しようとします。

Wi-Fiに関しては接続するまでバックグラウンドで探しているのでバッテリー消費が激しいです。
これはBluetoothも同様で、複数接続していても更に検索してしまいます。

普段使っていないのであればOFFにしてしまいましょう。
少しはバッテリーのヘリを抑えることができますよ!

思わぬ落とし穴

他にも、何気ない使い方でバッテリーが劣化してしまいます。

・充電をしながら使用している
・充電が完了しているのに端子を抜かない
・気温が高いところに放置している

といった点です。

なぜでしょうか?主にバッテリーへの負担が原因です。
軽く掘り下げて説明します。

充電をしながら使用している

これは結構あるのではないでしょうか?
外出していて1日中触っていると気がついたらバッテリー残量がない・・・。
仕方がないのでモバイルバッテリーで充電をしながら使用する。
これはありがちですが、あまりオススメしません。

バッテリーを充電しながら、スマートフォンを使用すると
充電と放電を常時行うことになるのでバッテリーの負担が尋常じゃありません。
これを続けているとバッテリー自体が消耗してしまい、

・満充電にならない
・ある%以下で電源が落ちる

といった症状が発生します。
この状態の人はバッテリーが末期です、交換をオススメします。

バッテリーを長持ちさせるコツは
残量10%以下になったら充電を開始し、満充電まで放置、終わり次第使用開始。
がオススメです。

と言っても難しいですよね。最近は急速充電が普及し、寝て起きた時は満充電が当たり前の時代です。
気がついたらやってあげる、程度が一番生活に馴染むのかもしれませんね。

充電が完了しているのに端子を抜かない

これも上記で説明したのと少しカブってしまいますが、よくあるパターンです。

寝る前に充電開始→2時間もしたら満充電だが、ぐっすり熟睡中→朝まで充電端子挿しっぱなし。

これが一番多いと思います。
過充電にならないようにスマートフォン側で制御し、充電できないようになっています。
が、スマートフォンのバッテリーはリチウムイオン電池が入っており、大容量がウリですが、放電しやすいという特徴があります。
なので、充電完了したら放電し、1%消費すると充電開始。
これを挿している時間中繰り返すのでバッテリーへの負担がかかります。
続けることによって劣化してしまうのです。

自分は最近ブログを書いている時間に充電し、寝る前に満タンになったことを確認し、抜いて寝る。を意識しています。

気温が高いところに放置している

バッテリーは充電時、使用時は熱をもつ性質があります。
なので、高温状態を更に高温にしてしまうと、負荷がかかります。

高温状態が続くと、バッテリーが膨張してしまいます。
最悪の場合、破裂する恐れもあります。
バッテリーは簡単に使えますが、1つ間違えると危険なアイテムです。
注意して使いたいものです。

・夏の時はクルマの中に放置しない
・冬の時はコタツの中に入れない

など、持ち歩き、高温状態にならないようにしましょう。
冬の時は低温になりすぎると、バッテリーが動かないこともあるので、そこも注意しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

該当する点がいくつありましたか?
ちなみに私は全て当てはまりました。笑

最近は1時間スマートフォンを使うとバッテリーが30%を切る老体になってしまいました・・・。
わかってはいるが、なかなか習慣化できない。
なので、スマートフォンのロック画面に注意表示をして意識付けするようにしています。
コレ、結構効きますよ。
よかったらやってみてくださいね!