お金持ちがやっている共通点3つ

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

最近勉強がてら色んな人の動画やコンテンツを拝見する機会が多いです。

その中でやはり目につくのは「お金持ち」ですね。
誰しも憧れる存在です。

そんな人たちには共通点があるなと思ったのでまとめたいと思います。

お金持ちの特徴

お金持ちはなぜお金もちなのか。
それぞれありますが、共通点は変わりません。

・事業を起こしている
・節約上手またはお金になることを見越してお金を使う
・1つのコンテンツだけでなく複数持っている

と思いました。

軽く掘り下げていきます~。

 事業を起こしている

お金持ちは何かしらの事業を起こしています。
それは飲食なりコンサルなり人によって様々です。

それも1つだけ事業を運営・経営しているだけでなく、複数経営している人までいます。
自分のコンテンツを持っていてそれを直接売る、つまり粗利が高い商品になるわけです。それでポンポンお金が入ってきたらウハウハですよね。
それを元に更に事業を立ち上げる。
実績があれば、ある程度認知度がある状態なので、「強くてニューゲーム」状態になるのです。
成功率も最初よりグッと上がるわけです。

これを繰り返して行くと嫌でもお金持ちになるルーティンが完成します。
シンプルですね、簡単ではありませんが。

 節約上手またはお金になることを見越してお金を使う

節約上手、つまりお金を使わないということです。
お金を使わないということは、使う以上の収入が入っている状態を維持することができるます。
必然とお金が貯まり、お金持ちになっていくのです。

更にそれだけではありません。

次の事業を起こすために投資をします。で、全力で努力を重ね、利益を出す。
すると最初に投資した額より利益が出ればお金が増えて返ってきます。
あとはそれを伸ばすなり売るなりして更にお金が入る仕組みを作るというわけです。

一言で表すと「資産運用」でしょうか。
1つ例として「家」をあげます。

家を単純に済むだけでは「負債」になります。
なぜなら、新築から劣化していき、リフォームや修繕費がかかります。
更に固定資産税などで毎年お金がかかります。
よってただ住むだけでは資産とは言えません。

では、家を「資産」にするにはどうすればよいかというと、
その家を持つことにより費用よりも高い利益を生む仕組みを作るのです。
家を貸すとか、家を会社にするとか・・・、たくさんありますね。

その時のことを考えるのではなく、先のことを考えてお金を使っているということです。

 1つのコンテンツだけでなく複数持っている

事業と被るのですが、1つだけでなく複数のことをやっています。
1つのことをひたすら続けるのは悪いことではありません。
しかし、時代の流れには逆らえません。
その需要がなくなるとその1つだけだと急に収益がなくなってしまう可能性があります。
なので、1つだけでなく複数運営することにより、1つが潰れても他でカバーできる状態を作っているのです。

他にも1つのコンテンツを全力でマーケティングしたところでそのコンテンツに集まる人数というのは上限があります。
なので、他のコンテンツでマーケティングをし、マッチする人はその他のコンテンツに流れていくという1粒で2度美味しい仕組みを作っています。
この仕組みを作ることにより、1つが潰れてしまうというリスクも少しは下げることができます。

メリットが更にメリットを生む、素晴らしく合理的ですね!

おわりに

いかがでしたか?

意外なところはあまりない・・・と思いました。
他にもお金持ちの人は、それを「やり続ける」精神力が尋常ではないと感じました。
最初はお金にならないが、将来お金になる・・・なので投資をする。
数年は赤字が出たとしても将来はその赤字を超える黒字になると踏んでいるのですね。

分析だけしても自分の結果は変わりません。
なので行動しましょう。ということです。

自分もランボルギーニ乗りたいので今必死に調べ物をしているって感じです。
行動に移せてないので何も得られてませんが・・・。

得たものをすぐ実践、結果が出るか出ないかはやってみないとわからないのでひたすら片っ端からやっていく。
これは前回の記事でも書いたことと共通していますね。

やりたいことをやるのは今からでも遅くはない。