ドローン用語解説 Part.7

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

ドローンの用語解説講座第7弾!

それでは見ていきましょ~!

 ロスト

ドローンを見失うことです。

見失ってしまった場合、プロポのモニターで確認するか、がんばって目視するしかありません。

ドローンは実際に手に取ると大きく感じますが、空を飛び始めると途端に小さく感じます。

「その距離くらいなら見えるだろ~」
と思って楽観視していると、すぐに見失いますよ!

DJI機の場合、リターントゥホーム機能(後ほど解説)で自動的に戻ってきますが、GPSを頼りにしているので、GPSが効かないエリアだと帰ってきません。

ドローンで空撮をする場合、目視をしっかりしながら撮影しましょう。
どうしてもモニターを見たい場合はもう1人つけてドローンを目視で見てもらうなどの処置を取りましょう。

ノーコン

ノーコントロールの略です。

ドローンがプロポで操縦不可になった場合のことを言います。

ノーコンにある原因は

  • プロポの充電切れ
  • ドローンの充電切れ
  • 電波が混信する
  • 電波が届かない

上記3つです。

充電切れ

こればかりはどうしようもないですね。
管理不足です。

プロポの場合、手の届く範囲であればキャッチして着陸させる方法がありますが、プロペラは回転し続けています。
危険ですので、慎重に行うようにしましょう。

ドローンの場合、その場で落下します。
落ちたら諦めましょう・・・。

DJI機だと、ある一定値(自分で設定可)を下回ると警告音を鳴らし始めます。
更に数値を下回ると強制的に戻ってこようとします。
その時は、大人しく機器に従いましょう。

まだ飛ばせる!と思っても、バッテリーは思わぬ瞬間に切れてしまいます。
余裕を持って飛ばせるように計画しましょう。

電波が混信する

混信とは、同じ周波数の電波が近くに複数存在することです。
複数存在するということは、自分が操作しているドローンと干渉し、操作が不可能になります。

同じ機種のドローンを狭い範囲で複数飛ばすと起こってしまう現象です。

解決する方法は「チャンネル」を変えることです。
テレビやラジオでもチャンネルを変えるとよく言いますが、それと意味は同じです。
チャンネルを複数用意し、分けることにより複数のドローンを操作することができます。

混信は予期せぬ状態で起こることがあります。
操作が不能になっても焦ってしまうと危険です。
落ち着いてチャンネルを変えるなどの対処をしましょう。

電波が届かない

どうしようもありません。
バッテリーと同じく、管理不足です。

電波が届かない状況は複数あります。

遠くに飛ばしすぎた

ドローンは電波が届く限り、操作が可能です。
なので、ずっとレバーを倒し続けて前進し続けると、気がついたら圏外・・・なんてこともありえます。

電波というのはモニターで確認できますが、思いがけないタイミングで途絶する場合もあります。

そういったときはどうしようもありません。
自分自身がドローンに近づいて電波をキャッチしましょう。

山の奥に入ってしまった

山の中では木々が生い茂っているため、電波を妨げてしまいます。

電波やGPSは木々で遮られ思ったほど距離が伸びずに電波が切れてしまうことがあります。

障害物が多いところではエリアを限定して飛ばしましょう。
長距離を移動する場合は、実際に自分も移動し、電波のエリアを把握してフライトさせましょう。
山の中だと木々に隠れてあっという間に見失ってしまいます。
音が大きいからすぐ見つかると思っても意外に見つからないですよ。

障害物が多いところに入ってしまった

上記の山とほぼ同様なのですが、山以外にも該当する場所があります。

  • コンクリートに囲まれた建物
  • 壁が多い家

電波は厚い壁に影響されやすいです。
遮断されてしまって電波は完全に飛ばなくなってしまいます。

行きは全然飛ばせても、帰りに電波がない・・・なんてもこともあるので、ドローンを飛ばす際は、飛行経路を確認してから飛ばしましょう。

ドローンによってはリターントゥホームが機能する場合がありますが、ほとんどの場合はその場で静止します。
電波が拾えなくなってしまうと、最終的には自分から拾いに行くしか方法がありません。

探している最中にドローンのバッテリーが切れたりしてしまうと悲しい結末を迎えてしまいかねません。
そんなことにならないようにしっかり対策をしてフライトしましょう。

リターントゥホーム

DJI機に搭載されている、自動で離陸地点まで戻ってくる機能のことです。

モニターとプロポにボタンがあり、どちらかを長押しすると自動で帰還します。

見失ったときや自分の腕で戻ってくる自信がないときに使用します。
GPSを使った機能なので、山奥などで遭難した場合は戻って来られません・・・。

あまり飛ばしすぎて見失わないように、目視・地図をしっかり確認して飛行しましょう。

ドローンを失くすのは結構心にダメージがきます・・・。
おまけに機械になるので、不法投棄扱いになってしまいます。

もし失くした場合は警察に届け出を出しましょう。

おわりに

いかがでしたか?

ドローンのリスクと対策について解説しました。

ほんとに思わぬタイミングで操作が効かなくなったりします。
そんなときに急なので焦ってしまいます。
しかし、そんなときこそ冷静に・・・。

落ち着いて状況を把握し、どうすれば解決できるか考えましょう。

また、なってしまう前に対策を考えておくことも重要です。

ロストした場合は、モニターにあるGPSロガーを利用して自力で近づき、発見する。
ノーコンになった場合は、周辺の環境を確認し、障害状況などを把握し、対処する。

様々な場合がありますので、経験とともにレベルアップしていきましょう。
こういった場合は、初心者の頃より慣れてきたころくらいに発生します。

実力が付いてきたな~と思ってきたころなので油断しがちです。

初心忘るべからず」という言葉があるように、常に初心者のときの自分を忘れずに安全にフライトしましょう!