ドローン用語解説Part.3

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

ドローン用語解説講座第3弾!

それでは、見ていきましょ~!

プロポ

プロポーショナルコントローラーの略です。

要するにドローンを操作するためのコントローラーのことです。
送信機・受信機・スピードコントローラー・サーボモーターを総称し、プロポセットなどと呼ばれたりします。

これがないと始まりませんね!
最近はスマートフォンがプロポ代わりになって操作するドローンもあります。
ホビードローンのTelloとかがそうです。

スマートフォンではいまいち操作しにくかったです。
タッチ式なのでどこでどの操作をしているか直観でわかりにくいからです。

指で触ってわかるコントローラー式のほうが正確な操作ができるので、
どうしてもお金をかけたくない人以外はプロポを買うことをオススメします!

DJIの機体を購入するとセットで付いてくるのがデフォルトなので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

リチウムポリマーバッテリー

通称「リポバッテリー」や「LiPO」と呼ばれるバッテリーの種類です。

昔からラジコンでよく使われており、今ではスマートフォンでも主流のバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーと比べて

・長寿命
・瞬時に高出力が出せる
・自然放電が少ない

など、メリットが多いです。

メリットが多い反面、デメリットは強烈です。
過放電・過充電には敏感で、過剰にしてしまうと使用不可になります。
過放電・過充電のまま誤って使うと、発火・爆発などの危険があります。

また、衝撃にも弱く、大きな衝撃を与えると破裂する恐れがあります。

正しい使い方を覚えていないと、自分だけでなくほかの人にも迷惑がかかってしまうので、注意が必要です。

 ランディングギア

飛行機やヘリコプターなどに装着されている着陸装置のことです。

ドローンには付いているものと付いていないものがあります。
Phantomにはついていますが、Mavicにはついていません。
Inspireに関しては稼働式でカッコいいですよ!

主な機能として緩衝装置の役割を果たします。

・本体が直接地面に接触しないようになっている。
・勢い良く着陸しても柔らかい素材を使用しているため、衝撃が少なくなる。

といった機能です。

Mavicに関してはモーターの下部で着陸してしまうため、勢い余って着陸するとモーターに負荷がかかります。
小さな衝撃でも「塵も積もれば山となる・・・」
故障の原因になります。

Mavicを持っていてまだランディングギアを持っていない人は純正以外で販売していますので、購入し装着することをオススメします!

おわりに

いかがでしたか?

今回はドローンに必須アイテムについて紹介しました。

気にせず使っていた単語があったと思います。
この記事をきっかけに知識が増えたらいいな~と思っています。

これからもどんどん更新していくので、よかったらご覧ください~。