ドローンはきっちりメンテナンスしよう

こんにちは、かいむ(@Caimn_)です。

今回はメンテナンスについて紹介します。

ドローンは精密機器です。
放置しておくと故障の原因になります。

故障に気づかず飛ばしてしまうと思わぬ事故に繋がります。
ではどういったところに気をつければいいのでしょうか?

メンテナンスでココは必須という点を紹介します。

ココだけはやっておこう

小さなキズが積み重なって破損してしまう、ということがありえます。

最低でも・・・

・飛ばす前
・飛ばした後

は必ず見ましょう。思わぬところに傷が入っていたりしますよ。

じゃあどこを見るの?

・プロペラ
・モーター
・バッテリー

上記3つは必ず見ましょう。
どこを見るのか深掘りしていきます。

プロペラ

ドローンを飛ばす上で必要な部品の1つです。

高速で回転しているので、微細な砂や小さなホコリでも傷が入ったりします。
また、小石などが軽く触れた場合でも変形したり、破損する恐れがあります。

飛ばす前に正常か確認。
飛ばした後は飛ばす前と変わりないか確認しましょう。

確認は指で軽く触れる程度で問題ありません。
べったり触ると油がついてバランスが悪くなったりしますので・・・。

もし、大きな傷や変形があった場合は、交換しましょう。
ほんの少しだけ欠けていた場合でも、使用せずに交換しましょう。
おそらく、もう飛ばせません。
プロペラは消耗品です。惜しまず買いましょう、そこまで高くありません。

モーター

プロペラを回すために必要な部品です。
コイルなどがむき出しになっており、水に弱い性質があります。

もし水が入ってしまった場合は使用せずメーカーに修理依頼を出しましょう。
水が入った状態で使用すると、ショート・漏電の可能性があり、非常に危険です。
最悪、ドローンの基盤までショートし、ドローン自体が使えなくなることもありえます。
また、バッテリーまで侵食してしまうと、爆発の可能性があります。

他にも、プロペラが回っているため、ホコリ等がコイルに侵入する可能性があります。
この場合、指を入れて取ろうとせず、カメラなどで使用するブロアーなどの空気を圧縮して飛ばす製品を利用し、ホコリを除去しましょう。

ブロアー自体は高くないので、メンテナンスとして持っておきましょう。
小さいので持ち運びも楽ちんですよ!

バッテリー

意外と見落としがちなのがバッテリーです。

バッテリーも精密機器なので、非常に壊れやすいです。
衝撃に弱く、最悪爆発や炎上の危険性があります。

最近のドローンのバッテリーは「リチウムポリマーバッテリー」という種類の物を搭載しています。
リチウムポリマーバッテリー、通称「リポバッテリー」は今までのリチウムイオンバッテリーより高性能です。

どういった点が高性能かというと・・・

・バッテリーの自然放電率が少ない
・小さくても高出力が可能
・長持ち

という点があります。

自然放電率が少ない

放置していても残量があまり減っていません。
前日に充電し、次の日に飛ばす際、残量が99%とほぼ減りません。
しかし、何度も使い続けているとバッテリー自体が消耗してしまいます。
今までに比べて減りが早くなった、使っていないのに残量が極端に減っている
といった場合は、使用せずに交換しましょう。

小さくても高出力

バッテリー自体が小さくなりましたが、容量・出力は今までのバッテリーと比べて非常に優秀です。
ドローンは瞬間的に出力をあげることが多々あるため、今までのバッテリーは無理がありました。
ですが、技術の進化により、瞬時に高出力が出せるようになりました。

長持ち

リチウムイオンと比べてかな~り長持ちするようになりました。
長時間高負荷をかけても消耗しにくくなりました。
といっても、全く消耗しないわけではないので、注意が必要です。

 

デメリットももちろん存在します。

・リチウムイオンより脆い
・残量が0になると使用不可になる

脆い

言葉通り、リチウムイオンより脆いです。
衝撃を与えると発火や爆発の危険があります。
強い衝撃を与えてしまうと、最悪使用不可になります。
家で保管する際は、防炎タイプまたは耐爆性の高いケースに保存するようにしましょう。

ドローンなので思わぬアクシデントで墜落してしまった場合、
できたら使用せず、メンテナンス依頼を出しましょう。
手っ取り早いのは買い替えです。

残量が0になると使用不可になる

バッテリーの残量、気にしたことはありますか?

リポはリチウムイオンより、残量に気を使います。
使い切ってしまうと、著しく劣化し、再充電が出来なくなります。
しかし、上記にもあるように、放電率が低いのでそこまで意識しすぎる必要はありません。
また、100%を常時維持していると、熱を持ちやすく、発火の恐れがあります。
良すぎてもダメ、悪すぎてもダメと、ちょうどいい塩梅を探さなければなりません。

では、どれくらいの残量で保管しておけばいいのでしょうか?

大体60%~70%を目安に保管しましょう。
長期間放置することも考えられる場合は、最低でも50%は欲しいところです。

 

また、バッテリーも消耗品です。
劣化したと感じたら交換しましょう。
少し高いですが、必要経費です。
安心を1万とちょっとで買えると考えると安いですよね。

電子部品はメーカーに依頼しよう

モーターやドローン本体の基盤などは個人では修理が難しいです。
専門の知識を持っていても、やはり製作メーカーなどに修理を依頼するのが無難です。

自分で修理し、イジってしまうと改造とみられる可能性もあり、飛行申請の際に記入が必要です。

他にも、ドローンにカメラが内蔵・装着されている機器もあります。
こちらも精密機器になるので、自分での修理が難しいです。
なので、不具合が起きた場合は修理依頼を出しましょう。
比較的安価ですぐに修理してくれますよ。

おわりに

いかがでしたか?

危険と隣り合わせのドローンではメンテナンスは欠かせません。
今一度自分のドローンに不備はないか、確認しておきましょう。
また、不備等があった場合は、使用を中止し、メンテナンス・修理しましょう。

正しい知識とルールを守って、楽しいドローンライフを!